通常、会社同士の取引では、現金支払いではなく売掛金としての処理となります。月末で締めて、翌月の月末に支払うといったように、取引と支払いに間隔が空くことになります。これは互いの信用に基づいて成り立つ取引ですが、中には支払いが滞り、トラブルへと発展するケースも珍しくはないのです。

売掛金やツケは債権と呼ばれ、債権を回収する側を債権者、債権を負った側を債務者と言います。そして、この債権者と債務者の間で債権回収に関してのトラブルが起るのです。例えば、支払日が来ても入金が確認できない場合、債務者側の会社の経営が悪化したことが考えられます。しかし、支払いをしてもらわなければ、債権者側の会社の経営にも影響が出てしまいます。また、債務者が悪徳業者で故意に支払わないこともあります。

他にも、債権者側の落ち度によるトラブルもあり、この債権回収のトラブルはなかなか厄介なものなのです。こうしたとき、債権回収を自ら行うのではなく、間に第三者を挟むことでより円滑に、そしてスピーディに債権回収が行えるのです。とにかく回収には時間的にも精神的にも負担が大きくなりますので、こうした第三者に依頼するのが賢明な手段と言えるのです。