月別: 2017年5月

サービサーの役割

債権回収は通常は、弁護士でなければ行うことができません。しかし、「債権管理回収業に関する特別措置法」つまりサービサー法が施行され、この法に基づき認定された民間企業であれば、債権の回収が行えるようになったのです。

このサービサーが回収できる債権としては、金融機関等が有する貸付債権、リース・クレジット債権、法的倒産手続き中の者が有する金銭債権や、保証契約に基づく債権など特定の債権のみ回収を行えるようになっています。つまり、サービサーは弁護士とは違い、特定金銭債権と呼ばれる範囲内の債権の回収しかできないように、制限が設けられていますので注意が必要なのです。またサービサーは主に銀行や保証会社など、金融機関からの依頼に限られますので、一般的な企業の債権回収は不可能となります。

サービサーに依頼した場合、まずは電話や書面で相手側に支払いを催促します。その後、内容証明を送付し、債権の詳細を債権者に確認してもらい支払いを促すのです。こうした督促に応じない場合、サービサーは支払い督促の申し立てに入ります。こうした動きに対し、債務者側から何ら返答がない場合は、訴訟の提起となっていくのです。このように、債権回収には弁護士以外にもサービサーと呼ばれる民間会社があり、それぞれに特徴があるため、自社に合った方法で債権回収に動きましょう。

{ Comments are closed }

回収を弁護士に依頼

債権回収は、まずは弁護士に中に入ってもらうことでスムーズに運びます。回収の方法としては、弁護士が直接、債務者と交渉し回収を行うものがあります。債権者としては、顔を知っている相手ですので、なかなか回収しづらいものです。こうしたとき、第三者である弁護士が間に入ってくれることで、精神的な負担も軽減でき、債権回収も早くできるのです。

ただ、弁護士が債務者と交渉しても、相手側に支払う気がなければ、いくら弁護士とは言え回収は難しくなります。こうしたとき、法的な手段に出る必要があります。もちろん、弁護士は法の専門家ですから、こうしたときにこそ、力を発揮してくれるのです。法的な処理としてはまず、弁護士名義で債権の内容証明を送り、回収を促すものがあります。債務者としては、弁護士名義での書類のため、債権者側の本気度を知ることにもなるのです。

また、民事調停や支払い督促など債権回収に向けて、弁護士は次々と手を打ってくれます。こういった手段は弁護士を通じてでなければ、なかなか実現できません。債権回収はスピードが要求されます。本業をしながら、債権の回収に取り組んでいると時間がかかるだけです。債権回収は弁護士に依頼し、なるべく早い解決を目指しましょう。

{ Comments are closed }

債権回収は第三者に

通常、会社同士の取引では、現金支払いではなく売掛金としての処理となります。月末で締めて、翌月の月末に支払うといったように、取引と支払いに間隔が空くことになります。これは互いの信用に基づいて成り立つ取引ですが、中には支払いが滞り、トラブルへと発展するケースも珍しくはないのです。

売掛金やツケは債権と呼ばれ、債権を回収する側を債権者、債権を負った側を債務者と言います。そして、この債権者と債務者の間で債権回収に関してのトラブルが起るのです。例えば、支払日が来ても入金が確認できない場合、債務者側の会社の経営が悪化したことが考えられます。しかし、支払いをしてもらわなければ、債権者側の会社の経営にも影響が出てしまいます。また、債務者が悪徳業者で故意に支払わないこともあります。

他にも、債権者側の落ち度によるトラブルもあり、この債権回収のトラブルはなかなか厄介なものなのです。こうしたとき、債権回収を自ら行うのではなく、間に第三者を挟むことでより円滑に、そしてスピーディに債権回収が行えるのです。とにかく回収には時間的にも精神的にも負担が大きくなりますので、こうした第三者に依頼するのが賢明な手段と言えるのです。

{ Comments are closed }